Day 2 Report(3/19)

数日間にわたる大会中、レースの中でグッと実力を伸ばす選手が時々現れる。ジュニアの大会では特にその場面が多い。その場合、一度波に乗ると誰にも止められないぐらいの勢いで走り始める。成績は常に「ナマモノ」で変化の激しいOP界において、今日速い選手が、今最も速い選手なのかもしれない。

<OP界の現状>
最近のOPを振り返ってみよう。46回、47回全日本大会を制した倉橋直暉(海陽海洋)は最近の絶対王者だった。身体が大きくても微風でも強風でも速かった。その姿を追いかけた次の代は、昨年の全日本王者・抜井理沙(兵庫)、菅澤龍佑(江の島)、内貴航路朗(横浜市民)、前田海陽(広島)など、昨年の世界選手権の日本代表が、常に上位を確保してきた。そして、次の世代となる今回のレースなのだが、それに続くと期待されるのは、服部陸太(江の島)、高山巧太郎(海陽海洋)、鈴木亮太郎(浜名湖)、小菅楓(広島)となってくる。しかし、今の時点でこの世代に過去の絶対的な強さが見られない。この次の代に当たる現在、中1、小6の選手に越されてしまっている感じが否めない。あともう少しのレベルアップが望まれるところだ。ここまで挙げてきた選手を見ると、しばらく続いたOPの勢力図の西高東低が逆転し、どちらかと言うと東が強くなっているのが現状である。
JODA登録人数は、現在360名であり、東210名、西150名。最大は江の島ヨットクラブjrで43名、次の葉山町セーリング協会は26名となっている。

<大会2日目>
最高学年にいまいちピリッとしたキレが見えない中で、大会2日目も微風の予報でスタートしました。
午前中は風が吹かないだろうと予測され、1時間の延期を2時間に更に延長し、小春日和の中で風待ちが続いた。
普段はなかなか会うことができない、OPを通じてできた全国の友だちと、楽しい会話やじゃれあうことができるのも、子供たちにとっては必要な時間。将来のセーリング仲間が作られていく大切な時間なのです。
計画的な風待ちの末、12:30D旗が揚がり出艇となり、大会2日目の競技がスタートしました。
海上は朝からの北風から完全に南風に変わり、6〜8ノットが安定して吹いています。

<第4レース>
13:15本日の1レース目第4レースがスタート。イーブンなスタートラインより下側からジャストスタートで3325幸野選手が良いスピードでバウをどんどん出していきます。

フリートはしばらくスターボーで走った後、右に返しはじめ、最も左に位置するのは幸野選手。スタート後すぐに右へ返した集団は左集団から見るとどんどん遅れていく様子がわかります。大きく左に出した幸野選手は左から入る風に上手く合わせ圧倒的なリードを確保しダントツのトップで1マークを回航。40秒ほど遅れて今回コース取りにミスのない高山選手が2位で回航。それに、北原選手、嶋倉選手、池田選手が続き、上位陣が堅いレース展開を続けます。2マークでは更に15秒、3マークでは更に22秒リードを拡げ、下マークでは2位と1分17秒差で回航します。結局フィニッシュでも1分43秒差をつけてダントツのトップ。各レグで差を拡げて圧倒的な勝利を収めました。

<第5レース>
幸野選手の勢いは止まりません。スタート後、多くの船がすぐにタックを返し下側有利なラインでしたが、少しの振れを上手く掴み、なおかつスピードでフリートから頭を抜け出した幸野選手が、スタート1分後にはすでにリードを拡げ、勝負あり。

こんなにも速い理由は、小さな体を大きく使い、弱い風の割に船を揺らす嫌な波に合わせた船のバランスのとり方にあります。お尻を前に置き、時には後ろに寝るかのように大きく反らせ、ピッチングを押さえてバウが叩かれずスピードを殺さない乗り方は、江の島の波に対応する最も良い乗り方。さらにスピードに乗れば上り角度も取れるため、失速とともに角度が取りにくく苦労する他の選手をどんどん引き離していきます。2位は3270磯辺壱心選手で初日の不振を挽回する走りを見せます。しかし、トップとの差は37秒で第4レースと同じような展開となります。3マークでは磯部選手が2位、池田選手が3位としますが、その差が1分10秒と、まるで4レース目を繰り返しているよう。

フィニッシュも幸野選手が余裕でトップホーンを鳴らし、2位磯辺選手、3位池田選手が続きます。4位に服部(陸)選手が入り、5位には3マークを23位で回航した第1レーストップの重松選手が入りました。

<第6レース>
第4レース 52分、第5レース 53分で終えている今日のレースは、レース委員長の距離設定が神っていました。レース時間50分を正確に読めている中で、風が少し弱まる中200°/900mのコース長で設定が行われ、17:00には帰着させたい気持ちから、15:49にスタート。第5レースで怒涛の追い上げを見せた重松選手が上側からスピードに乗って良いスタート。その上を池田選手も良いスタートを切った。

フリートは右と左に別れる展開に。大きく別れる中で右の艇団が若干上り角度が良く、リードする展開に。上マークで集団から少し抜けた重松選手がトップ回航。その後の集団はほぼ団子状態でフリーの走りへと向かっていく。
今回のレースで特に目立つのは池田選手のフリーの速さ。1マークを4位で回航後マークタッチによるペナルティを解消するも、2マークでは3位、3マークでは2位に追い上げトップを追う展開に。重松選手もスピードに乗り弱い風の中で上手く波を交わしセーフティリードでトップフィニッシュ。2位は池田選手が入り、3位は3366出口愛海選手(浜名湖)が入る大健闘を見せた。

大会2日目のトップはすべて小学6年生の選手が獲得するなど、弱風の中でのレースでスピードを落とさずにどんどんとリードを広げる展開で進む3レースとなった。そのような中でも3,3,2位と安定した走りを見せた池田選手が6レースを通じてトップに躍り出た。初日トップの北原選手も第5レースを捨てて暫定2位。それを追う嶋倉選手と高山選手が同点の3位となっている。5位は重松選手、6位は今日大活躍の幸野選手だ。
レースも折り返しとなり池田選手がひとつ飛び抜けた感じだが、その後、前田選手、小菅選手までは大混戦である。
最終日の天気も怪しくなっていく中で、最後の一発逆転もまだまだあり得る今回のシリーズ。
明日は大会3日目で疲れも出てくる頃となる。これは経験豊富な中学生に有利に働くか、それとも勢いのある小学生がこのまま走り続けられるか。いずれにしても、誰にでもまだ可能性は残されているこの大会。最大の山となるのは3日目になることは間違いない。