JOCジュニアオリンピック/JSAFジュニアに参加しました

8/1(土),2(日)の2日間に渡り和歌山セーリング センターで開催されました2020JOCジュニアオリンピック兼JSAFジュニアユースチャンピョンシップに、当クラブよりOP-Aクラス14名、レーザー4.7クラス1名が参加しました。

初日は北西10~4ノット、2日目は西4~9ノット、2日とも好天の絶好のコンディションに恵まれ、全7レースが行われました。当クラブにとって、今年初めての公式レースへの参加となりましたが、日頃の練習の成果を発揮する事ができました。


コロナ禍の下で開催されたレースでしたが、健康状態の事前申請、検温、出艇着艇申告のWeb化などコロナ対策も十分になされた大会でした。コロナ対策や熱中症対策をとりながら運営をして下さった大会事務局の方々に感謝申し上げます。

 


当クラブの入賞者は以下の通りです。


OP-A

1位 東道 すず

2位 堤 悠人


OP-A (U-12)

1位 兒島 惟高

3位 岩波 将吾


成績表はこちら

2020/08/06 Updated

出帆式(卒部式、OP卒業式)が行われました。

7月5日、延期されていた出帆式(卒部式・OP卒業式)が行われました。

「世の中に存在する不合理な事柄と直面した時、どう対応していくか、セーリングを通して学んだ経験を、社会生活に生かして欲しい。」と吉田部会長からお言葉をいただきました。

また石原コーチは、「昨日の君は、今日の君ではない。今日の君は、明日の君ではない。常に変化をもとめて成長してほしい。」と話されました。

雨の日も、風の日も、日照りの中、吹雪の中、毎週を江の島で仲間達と練習した日々は、きっと大きな財産になることでしょう。

ご卒部、おめでとうございます。

 

2020/07/06 Updated

新型コロナウィルス感染予防対策

EYCJでは、感染予防対策を行い、十分注意を払って活動いたします。

 

2020/06/15 Updated

Laser ミッドウィンター(鹿児島)に参加しました

221日〜24日に、鹿児島県平川ヨットハーバーにてLaserミッドウィンターレガッタが開催され、ラジアル1名、4.72名レースに参加しました。

1日目、2日目ともに安定した風が吹き、両日とも3レースずつ行うことができました。最終日は風がなく、ノーレースとなり、2日目までの6レースで順位確定となりました。

初めての鹿児島の海、迫力ある桜島を見ながらレースを楽しむことができました。

運営に携わって下さった皆様、ありがとうございました。

 

当クラブの入賞者は以下の通りです。

 

レーザーラジアル級  

   2位 服部 陸太

 

 

成績はこちら

ラジアル級

4.7級

 

 

 

2020/03/01 Updated

江の島ミッドウインターレガッタを開催しました

 

2020年1月19日、前日の荒天とはうって変わって青空のもと2019年度江の島ミッドウインターレガッタが開催されました(エントリー数:OPAクラス54名、OPBクラス15名、レーザー4.7クラス10名の総勢79名)。

 

当日は風向や海流の変化を受け、長い海上待機を伴うなどの難しいコンディションのなか、レーザー4.7クラスは2レース、OPAクラス、OPBクラスはそれぞれ1レースが行われました。最後まで集中力を切らさず懸命に帆走する選手たちの姿が印象的でした。

 

レースに参加いただきました全ての選手や保護者の皆さま、特に遠方よりお越しいただきました皆様、またレース運営にご協力いただきました関係者の皆さまに厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

当クラブの入賞者は以下の通りです。

 

OPAクラス(総合)

2位 堤 悠人

3位 兒島 惟高

5位 芝田 豊栄

6位 千葉 歓汰朗

OPAクラス(小学生の部)

優勝 堤 悠人

2位 兒島 惟高

6位 池田 航介

OPBクラス

3位 武井 太陽

5位 池田 晟

レーザー4.7クラス

2位 和知 健太郎

6位 小美濃 寛太

結果はこちら

 

2020/01/21 Updated

新年お餅つき大会を開催しました

112日に、EYCJ新年お餅つき会が行われました。

今年はCレースと日程が重なったため、午前中は55期の子供たちはレースに、先輩たちはその運営のために出艇しました。

その後の昼食タイムには、元気よくお餅をつき、保護者特製の温かい豚汁もたくさん食べ、今年一年の健康と活躍を祈りました。

OBの皆様には餅米の寄贈を頂き、たくさんの応援のお言葉も頂き感謝致します。

また、多くの皆様にもお越し頂きまして、笑顔と笑い声が溢れた楽しい一日となりました。

今年もどうそよろしくお願い致します。

 

 

2020/01/12 Updated

第51回全日本OP級選手権に参加しました

 

112124日、鹿児島平川ヨットハーバーで「第51回全日本OP級選手権」が開催されました。

140名のジュニア選手に加え、海外からのオープン参加選手5名が出場。2フリートに分かれてレースは開催されました。天候には恵まれた3日間とは言えませんでしたが、大会成立ギリギリの3レースが実施され、大会を終えました。

 

初日は曇り空の下で風が安定せず、北寄り(325)の微風(6ノット)の中で最初のレースが実施されました。左岸からのブローが優勢になり左有力な展開となりました。午後からは風が止み、その日はノーレースとなりました。

2日目は晴れましたが相変わらず風が安定せず、午後からの東寄りの65度の風の中でようやく第2レースがスタート。最初のレースは右に大きく風が振れたためノーレースとなり再スタート。スタート後は、時折左奥にブローが現れるものの、やはり全体的には右海面の風が強く、右集団が先行する展開となりました。黄色フリートは先頭集団が後続艇に対して大きくリードを広げてフィニッシュ。その後風が落ちた結果、31位以降がDNFとなる厳しい結果になりました。

3レースのスタート時は10ノットとやや風速が増し、60度の東寄りの風の中でスタート。身体が大きな選手も上位に出てくる展開となりました。

最終日は朝から雷雨となり、選手の安全を優先して天候の回復を待ちましたが、結局ノーレースとなり、前日までの3レースでレースが成立となりました。

 

主催してくださった日本オプティミストディンギー協会、鹿児島県連セーリング連盟の皆様、また後援、運営協会頂きました皆様には、改めましてここに御礼申し上げます。

来年2020は、江ノ島で皆様をお待ちしております。

 

 

当クラブの受賞者は以下の通りです。

 

 

総合成績

5  東道 すず(女子2位)

 

小学生の部

1  兒島 惟高

3位  堤 悠人

 

 

 

 

レース結果はこちら

2019/12/31 Updated

第19回夢の島レガッタに参加しました

1027日若洲ヨット訓練所で行われた「夢の島レガッタ」に参加しました。全部で61艇の参加となり近年で一番参加艇が多い年となりました。江ノ島ヨットクラブジュニアからはOPAクラス10名、OPBクラス2名エントリーしました。

 

午前中は超微風の020度で出艇、Aクラスは一度はスタートするものの風が無くなりノーレースとなりました。海上待機が続く中12時半にAPHでハーバーへ、帰着20分後に再び出艇となりました。短い時間の中ミーティングも行い気持ちを切り替え、レースへ挑みました。

 

午後は風向が変わり14023ノットの中、レースが行われました。

Aクラスは1上まで右海面を使った艇団が上位を占める展開の中、スタートラインを真ん中よりグッドスタートを切った岡田選手が上マーク3位で回航。惜しくも入賞とはなりませんでしたが、とても良い走りでした。

 

又、BクラスはAクラスの5分後にスタートしました。午前中の待機やAPHがあったにもかかわらず、皆頑張っていました。トップスタートをした畠中選手はしっかりとブローを捉え3位でフィニッシュ、見事表彰台に上がりました。

 

AB共に半数近くがDNFとなる難しいレースでしたが皆頑張りました。

 

主催していただいた夢の島ヨットクラブ・東京都ヨット連盟・若洲訓練所の皆様のお陰で無事レースを行う事が出来ました。ここに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

当クラブの受賞者は次の通りです。

 

Aクラス 小学生の部

 

優勝 兒島惟高

 

3位 岩波萌夏

 

 

 

Bクラス

 

3位 畠中紗英

 

 

 

レース結果はこちら

OP-A

OP-B

 

2019/11/04 Updated

第33回小沢吉太郎記念少年少女ヨットレースを開催しました

 

9月22日(日)と23日(月)の2日間で小沢吉太郎記念少年少女ヨットレースを実施しました。

 

小沢吉太郎先生は、1936年のベルリンオリンピックに出場され、戦前から日本のヨット界を牽引し、東京オリンピックの開催に尽力されました。江の島ヨットクラブジュニアを設立し、ジュニアの育成に力を注がれた方です。

 

レースには遠くは岡山県から、主催者の予想を大幅に上回るAクラス76艇、Bクラス28艇にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

初日は風速4~5m/s程度と安定したコンディションの中、Aクラスは4レース、Bクラスは5レースを実施しました。しかし北から東北東の間で大きく振れ回る風に選手も運営も悩まされました。

 

2日目は一転して台風17号接近の影響により強風コンディションとなりました。D旗掲揚の時点で平均風速10m/s程度、その後も風速は強まることが想定されましたのでBクラスはAP/A旗を掲揚し第6レースをキャンセルしました。Aクラスはグリーン旗を掲揚して各クラブの支援艇の協力を得てレスキュー体制を整える中、第5レースをオールフェアでスタートしました。しかし風は徐々に吹き上がり、トップ選手が第1マークに到達するころには平均風速が15m/s、最大風速18m/sまで上がりました。沈艇はいないものの、シバーする選手が増え、レスキュー体制の確保に懸念が生じたことからN/A旗を掲揚しノーレース、ハーバーバックとなりました。

 

次回の当クラブ主催レースは1月19日(日)のミッドウインターとなります。2020東京オリンピック前に江の島で実施する最後のレースとなると思われます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

選手の皆様、選手をサポートされた保護者・コーチの皆様、2日間のレース運営にご協力いただきありがとうございました。

 

当クラブの入賞者は次の通りです。

 

◆Aクラス

 

2位 菅澤 虎士朗

 

4位 兒島 惟高

 

5位 Pol Mateu

 

6位 堤 悠人

 

 

◆Aクラス 小学生の部

 

優勝 兒島 惟高

 

2位 堤 悠人

 

4位 武田 琢磨

 

6位 岩波 萌夏

 

 

 

◆Bクラス

 

3位 中田 航誠

 

 

レース結果はこちら

 

OP-A

 

OP-B

 

 

 

 

2019/10/08 Updated

古い記事は、順に Library に保管されています。