江の島ミッドウィンターレガッタ/1月15日開催

江の島ミッドウィンターレガッタを2017年1月15日(日)、江の島沖で行います。現在、2017年のルール改正の確認等を行っておりますので、NORの公開はしばらくお待ちください。確定次第速やかにアップいたします。

 

また、今回はAクラス、Bクラスともにチャーター艇をご用意いたします。遠方の方もお気軽にご参加ください。料金等の詳細はあらためて掲載いたします。

 

江の島は3月のナショナルチーム最終選考会の会場となります。多くの選手のご参加をお待ちしております。

2016/11/30 Updated

第48回全日本OP級選手権 福岡大会に参加しました

 11月3日~6日、福岡県福岡市小戸ハーバーにて、第48回全日本オプティミスト級セーリング選手権大会が開催されました。

 大会初日は計測と開会式、レセプションが行われ、韓国から4名、ドイツから1名、計145名の参加となりました。江の島からは小学4年生から中学3年生の男女16名が挑みました。
 
 2日目は朝から日差しに恵まれ暖かい秋晴れスタートとなりました。午前は風が無く陸上待機、気温の上昇により海風がようやく入り、微風2レースが実施され軽量級の選手が上位に食い込む結果になりました。

 3日目は朝から南風が入り出艇するも安定せずハーバーバック、お昼近くに北風が入り振れふれ2~3メートルの集中力が試される4レースが行われ、実力ある選手がしっかりと成績をまとめ伸ばしてきました。


 大会最終日は、北風に恵まれ7~10メートルの順風下で決勝レースが行われました。
 
 初日から最終日の三日間、微風から強風に加え、周期が長く大きい振れ、複雑な地形から変化に富んだ吹き出しなど、予測が難しい海面との戦いとなりました。

 3月17〜20日に江の島で開催されるナショナルチーム第2次選考会に江の島から8名の選手が望み、海外の切符を目指します。

入賞者は以下の通りです。

総合
1位 抜井 理沙(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
2位 大澤 雄帆(葉山町セーリング協会)
3位 服部 陸太(江の島ヨットクラブジュニア)
4位 磯辺 壱心(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
5位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)
6位 池田 海人(江の島ヨットクラブジュニア)
7位 青山 知央(葉山町セーリング協会)
8位 嶋倉 照晃(真野浜セーリングクラブ)
 
小学生
1位 大澤 雄帆(葉山町セーリング協会)
2位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)
3位 菅澤 虎士朗(江の島ヨットクラブジュニア)

女子
1位 抜井 理沙(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
2位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)
3位 青山 知央(葉山町セーリング協会)

 福岡のみなさまをはじめ大会関係者の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。 レース結果は以下のとおりです。

ゴールドフリート

シルバーフリート

img_5953

%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%88%e7%b7%8f%e5%90%88%ef%bc%89

 

2016/11/18 Updated

第30回小沢杯を開催しました

  第30回小沢吉太郎記念少年少女ヨットレースが9月18、19日の2日間、江の島沖で開催されました。初日は南よりの強風と大きなうねりで思うようにレースが消化できませんでしたが、2日目は北よりの風の中、Aクラス4レース、Bクラス6レース実施することができました。また、今回の大会では、小沢杯として初めての試みとして17日にプラクティスレースを開催しました。

 遠方から参加いただいた各クラブの方々、また運営にご協力いただいた関係者のおかげで本大会を成功裏に終えることができました。ありがとうございました。

入賞者は以下の通りです。
 
Aクラス 総合
1位 服部 陸太(江の島ヨットクラブジュニア)
2位 嶋倉 照晃(真野浜セーリングクラブ)
3位 鈴木亮太朗(浜名湖ジュニアクラブ)
4位 岡田 爽良(藤沢市青少年セーリング連盟)
5位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)
6位 大澤 雄帆(葉山町セーリング協会)
 
Aクラス 小学生
1位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)
2位 大澤 雄帆(葉山町セーリング協会)
3位 中村 晃 (B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
4位 服部 輝海(江の島ヨットクラブジュニア)
5位 重松 駿 (夢の島ヨットクラブ)
6位 和知健太郎(江の島ヨットクラブジュニア)
 
Bクラス
1位 岡田 佳悟(江の島ヨットクラブジュニア)
2位 岡田 海洋(藤沢市青少年セーリングクラブ)
3位 池田 航介(江の島ヨットクラブジュニア)
4位 青山 若生(葉山町セーリング協会)
5位 チャーチ 海(葉山町セーリング協会)
6位 増本 拓 (藤沢市青少年セーリング連盟)

 

成績はこちら

Aクラス Bクラス

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2

 

 

◆プラクティスレース(17日)

Aクラス Bクラス

 

2016/09/18 Updated

東日本選手権に参加しました

 8月26日~28日 に「リビエラカップ第34回東日本オプティミスト級セーリング選手権大会」が葉山沖で開催され、Aクラスに22人、Bクラスに1人の選手が参加しました。

台風前の影響もある中、3日間レースが無事に行われました。

 初日は午前中計測の後、風速8~14kntの中、Aクラス2レース、Bクラス4 レース、
2日目は風速8~20kntの強風の中、Aクラスは4レース、Bクラスは4レース、
3日目は風速8~16kntの中、Aクラスは2レースを行い、Bクラス3レースを実施しました。

 初日の夜は、逗子マリーナで懇親会に出席。豪華賞品が当たる抽選会などもあり楽しみました。
 
 初日は晴れたものの、2日目からは小雨で肌寒く感じる中、レースが3日間安全にAクラス8 レース、 Bクラスにおいては11 レース行われ、大会運営、協賛、関係者の皆様には厚くお礼を申し上げます。

 EYCJ選手の入賞者は次の通りです。
 
Aクラス
 2位 池田 海人君
 3位 服部 陸太君
 4位 服部 輝海君
 5位 芝田 和尚君

Aクラス小学生
 1位 服部 輝海君
 7位 菅澤 虎士朗君

 Bクラス
 4位 池田 航介君
 
DSC_1804
 DSC_0451
2016/09/02 Updated

親子ヨットスクール開催しました

 江の島ヨットクラブジュニア恒例の「親子のためのヨットスクール」は、7月23、24、30、31日の4日間の日程で開催しました。

 初日は52年前の東京五輪の時に建造された木造船「やまゆり」で葉山沖までクルージング。海水浴を楽しみました。2日目からは実際にヨットに乗って操船の基礎を学びました。最終日の4日目は、木艇で1人で船に乗ることを予定していましたが、風が強く安全を考慮してクラブ生と乗船してヨットの操船を体験しました。

 参加者全員に青山部会長から修了証が贈られ、みな笑顔で受け取っていました。参加者の皆さま、4日間運営にご協力いただきありがとうございました。また江の島でお目にかかりましょう!

DSC_0015

DSCN9247DSC_0175

3日目(30日)までの様子はこちらからご覧ください。

1,2日目①

1日目

2日目②

3日目

4日目

 

2016/07/30 Updated

ジュンレガッタを開催しました

 江の島強化合同フリートレース「ジュンレガッタ」が6月12日、江の島沖で開かれました。Aクラス57人、Bクラス19人が参加。平均7ノットの微風のなか、A,Bクラスとも4レースを行うことができ、各選手が持てる力を発揮しました。上位の結果は以下の通りです。

 遠方から参加してくれた選手や保護者の皆さま、ありがとうございました。またレース運営では他クラブの方にもたくさんのお手伝いいただき、感謝いたします。今回初の試みとして、レース運営のご支援への感謝を込めて、観覧艇を出しました。間近に選手の様子を見ることができて楽しんでいただけたことと思います。これからも江の島ならではの、おもてなしを検討していきます。また江の島で会いましょう。

 

【Aクラス 総合】

1位 池田 海人(江の島ヨットクラブジュニア)

2位 重松 駿 (夢の島ヨットクラブ)

3位 青山 知央(葉山町セーリング協会)

4位 黒田研一郎(江の島ヨットクラブジュニア)

5位 鷲尾 青 (江の島ヨットクラブジュニア)

6位 服部 陸太(江の島ヨットクラブジュニア)

 

【Aクラス 小学生】

1位 重松 駿 (夢の島ヨットクラブ)

2位 菅澤虎士朗(江の島ヨットクラブジュニア)

3位 服部 輝海(江の島ヨットクラブジュニア)

4位 菅野 響 (夢の島ヨットクラブ)

5位 北原 頌子(江の島ヨットクラブジュニア)

6位 和知健太郎(江の島ヨットクラブジュニア)

2016 OP A 小学生

 

【Bクラス】

1位 神木 宏斗(藤沢市青少年セーリングクラブ)

2位 西田 帆七(葉山町セーリング協会)

3位 岡田 佳吾(江の島ヨットクラブジュニア)

4位 池田 航介(江の島ヨットクラブジュニア)

5位 増本 拓 (藤沢市青少年セーリングクラブ)

6位 岡田 海洋(藤沢市青少年セーリングクラブ)

2016 OP b

 

成績表はこちら

Aクラス Bクラス

2016/06/12 Updated

浜名湖ジュニアオープンレースに参加しました

 5月15日に静岡県・浜名湖で開催された浜名湖ジュニアオープンレースに、Aクラス11人、Bクラスに4人が参加しました。

 五月晴れの軽風から順風の中、皆精一杯レースに臨みました。

 浜名湖ジュニアクラブ、静岡県セーリング連盟はじめ、大会運営にご尽力いただいた皆様に感謝申し上げます。

みんながんばりました

 

EYCJ選手の主な成績は次の通りです。

◆ Aクラス

2位 池田 海人 (江の島)

5位 芝田 和尚 (江の島)

Aクラス

 

◆Aクラス女子

1位 鷲尾 青 (江の島)

 Aクラス女子

 

◆Aクラス小学生

3位 菅澤 虎士朗 (江の島)

小学生

 

◆Bクラス

1位 鷲尾 空 (江の島)

3位 東道 すず (江の島)

Bクラス

2016/05/27 Updated

ナショナルチーム派遣選手の壮行会を開催

 ナショナルチームに選ばれた選手の壮行会が5月8日、クラブハウスで行われました。江の島ヨットクラブの浪川会長、ジュニアの青山部会長、ユースの石原コーチにもご出席いただき、選手にエールを送っていただきました。各選手はそれぞれの大会開催地の特徴を紹介しながら、抱負を語ってくれました。みんな、持てる力を発揮して、がんばれ!

 

 選出された選手は次の通りです。

420級 世界選手権…新谷/金子ペア

OP 世界選手権菅 澤龍佑君 服部陸太君

  ヨーロッパ選手権 池田海人君

  北米選手権 桔川 翔太郎君

  アジア&オセアニア選手権 北原 頌子さん

 

ひな壇に勢そろいした選手たち

DSC_1069

 

 

 

 

各選手にエールを送っていただいた浪川会長

DSC_1096

 

 

 

クラブ員全員で記念写真!

DSC_1112

 

2016/05/12 Updated

荒天!ノルウェー フレンドシップ ヨットレース

4月16日、17日の二日間にわたり、江ノ島ヨットハーバーにて「第15回ノルウェーフレンドシップヨットレース」が開催されました。日本とノルウェーの友好記念レースとしての本大会はディンギー、クルーザーなど多くの部門で競われ、OP部門もAクラス45艇、Bクラス12艇が参加し開催されました。天気予報では大荒れが予測され準備段階から開催が危ぶまれる状況の中、万全の安全サポート体制で臨みました。1日目、予報に反して風は上がらず3〜6ノットの北風が吹き続けなかなか予報の南風が入ってこない状況。北風が残っているうちにレースを試みるも、スタート後風が弱まりノーレースに。その後再度北東の風の中レースを実施。風がみるみる落ちて2マークにてS旗掲揚のコース短縮となり、トップを走るワールド選手菅澤龍佑選手がフィニッシュするもホーンはならず、リコールにて1位は桔川翔太郎選手となりました。結局フィニッシュできたのは24艇で多くの選手の1レース目はDNFが記載されました。Bクラスは上マークを5艇が回ったものの完全に風が無くなりノーレースに。フィニッシュライン前まで頑張っていた選手からは救済要求が出されましたが、認められずノーレースとなりました。
その後一旦陸に上がり南に風が変わってからの出艇となりました。
空には雲がかかり160度方向からコンスタントに良い風が入っている中で3レースが開催されました。風は8〜10ノットが吹き、この後3レースを消化することができました。2レース目はワールド選手服部陸太選手が、フィニッシュ直前で弟の輝海選手を交わし半艇身の差でトップフィニッシュ。1レース目トップ(OCS)の菅澤選手はスピリットポールのトラブルにより34位に沈みます。
3レース目は菅澤選手が最終レグでヨーロッパ選手池田海人選手を交わしトップフィニッシュ、やっといつものペースを取り戻しました。この日最も安定していたのは池田選手で1レース目こそ9位だったものの後のレースを3,2,2とまとめ、常にトップ争いを繰り広げる走りでほかを圧倒しました。
2日目は朝から荒天が予測され朝の時点で既に20ノット以上が吹きBクラスは中止。Aクラスについては走れる選手のみ出場し沖はうねりが高いので湾内でのコース設定として運営艇が出艇するものの、更に風が吹き上がりレースの実施は中止を決定。
空いた時間でシーマンシップセミナーが開催され、海上には出れない状況の中で座学が行われいました。

image3
最終のパーティはノルウェー産の美味しいサーモンが参加者を喜ばせていました。

当クラブの主な入賞者

OP Aクラス 総合
1位 池田 海人 君
2位 服部 陸太 君
4位 桔川 翔太郎 君
5位 服部 輝海 君
6位 黒田 研一郎 君

OP Aクラス 小学生
2位 服部 輝海 君
3位 北原 頌子 さん
4位 芝田 豊栄 君
5位 菅澤 虎士朗 君
6位 和知 健太郎 君

OP Bクラス
1位 吉川 尚志 君
2位 鷲尾 空 さん
3位 東道 すず さん
6位 池田 航介 君

 

2016ノルウェーOPA確定

2016ノルウェーOPB確定

A

A小学生

B1

 

2016/04/17 Updated

ノルウェーフレンドシップ1日目

 ノルウェーフレンドシップヨットレース第1日目が4月16日、江の島沖で行われました。

 午前中は風がなく、第一レースはAクラスが2マークフィニッシュに、Bクラスはノーレースとなりました。午後からは南の風が入り、初日はAクラス4レース、Bクラス3レースが成立しました。

 明日は強風の予想となっていますが、明日朝の状況を見てレースを行うか判断いたします。

 

1日目の暫定成績は次の通りです。

OPA OPB

DSC_0965

DSC_0985

2016/04/16 Updated

52期6名が入部しました

 2016年度に新しく入部した52期生6人(小学1~6年生)を迎え、4月3日、入部式を行いました。

 青山部会長から歓迎の言葉をいただき、OPキャプテンの菅澤龍佑くんが「海の好きな人もそうでない人も、このクラブの活動を通じてきっと海がもっと好きになってくれると思います」とこのクラブの魅力を語ってくれました。最後に52期生一人ひとりが、元気に抱負を話してくれました。

こどものみ

保護者と

クラブ生

 

2016/04/03 Updated

卒部式を行いました。

EYCJの卒部式が3月13日に行われました。
ユースの 埼玉 成海さん、青木 大さんに加え、今年からOPを卒業した選手も対象といたしました。
OPからは 桐井航汰くん、草刈 励くん、木原 空海くん、蓮 千鶴さんの6名が出席しました。残念ながら安藤 龍海くんは欠席となりました。

卒部される先輩方の姿は、晴れ晴れしく、凛々しく感じられました。
先輩がたから、EYCJで過ごした思い出のお話やジュニアたちへの激励の言葉もいただきました。

2016/04/03 Updated

YMFSセーリング・チャレンジカップ IN 浜名湖に参加しました

 3月25~27日の3日間、YMFSセーリング・チャレンジカップ IN 浜名湖に参加してきました。OPチームからは服部陸太くん、桔川翔太郎くんの2名、ユースチームからは桐井航汰くん、大久保優輝くんの2名が挑戦です。
3月最後の週末ということもあり陸上にいるとポカポカと春の日差しが暖かいのですが、海上に出るとまだまだ春は遠く、水温は海水より冷たく北よりの風が吹くとまだまだ肌寒く冬支度でのレースとなりました。
  初日は最大18ノット程度の強風レース、2・3日目は微風~軽風下でのレースとなりました。
OP級のレースが行なわれたB海面は地形による風の強弱と振れに対応したコース選択をした選手が上位に行ったようです。
本レガッタではYMFSならでは色々な試みがありました。 陸上では風待ち時間を有効に使ったレーザー級のセットアップ方法や42条に対する注意点、海上ではレース直後のアドバイス(フィニッシュ間際でのタクティクス等)、さらに夕食前後には、ビデオやパワーポイントを使ってのポイント解説勉強会がクラス別に行なわれ、選手だけでなく引率の父兄にとっても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
 大会運営下さったYMFS・静岡県連・その他スタッフの皆様、協賛企業の皆様、ありがとうございました。

なお、上位入賞者は以下の通りです。
OP上級者
 優勝:服部陸太(EYCJ)
 2位:佐々木マールトン星和(兵庫Jr)
 3位:前田海陽(広島SS)
レーザー4.7級
 優勝:三浦凪砂(浜名湖Jr)
 2位:桐井航汰(EYCJ)
 3位:廣瀬翔大(YMFS葉山)

YMSF1

YMSF2

2016/04/03 Updated

「小沢杯Cレース」を行いました

 江の島ヨットクラブジュニア入部1年未満のクラブ生を対象にした「小沢杯Cレース」が3月13日、8人が参加して行われました。最大12ノットの北東の風は経験の浅い選手には少し厳しめでしたが、4レースが無事成立しました。

 レースは来年度以降のBクラス参加を目指して、公式レースと同様に実施。フラッグの使われ方、読み方などは事前に学習。D期掲揚後、各選手が緊張した面持ちで海に向かいました。風上・下のソーセージコースで、みな持てる力を出し切りました。結果は下記の通りです。

レースの様子 

 また、レース運営にはジュニアの中学生・小学6年生も参加。マークの打ち方や無線での連絡方法など指導を受けながら手伝い、日ごろ陰になりレース運営をする人たちに対する感謝の気持ちを新たにしていました。

 

【結果】

第1位 加藤 淳一 小学4年生

第2位 島崎 将國 小学5年生

第3位 植木 琢己 小学4年生

成績表はこちら

DSC_0911

 

cレース表彰

 DSC_0922

2016/03/14 Updated

アーリースプリングレガッタを開催しました

 「2015年度アーリースプリングレガッタ」(江の島ヨットクラブジュニア主催)が2016年3月6日、江の島沖で開催されました。Aクラスに44人、Bクラスに8人の計52人がエントリー、レースを楽しみました。

 当日は朝から風がなく、午前中は陸上での待機を余儀なくされました。風が南に回り、微風が吹いてきた午後1時前に最初にBクラスが、その後Aクラスがスタートし、レースが始まりました。最終的にはA,Bクラスともに3レースを行うことができました。参加いただいた皆さまありがとうございました。次回江の島でのレースは4月16、17日のノルウェーフレンドシップヨットレースになります。多くの選手のご参加をお待ちしております。

 

結果はこちら

OPA 成績 OPB 成績

 

総合

1位 内貴航路朗(横浜市民ヨットハーバージュニアヨットクラブ)
2位 池田海人(江の島ヨットクラブジュニア)
3位 桔川翔太郎(同)
4位 菅澤龍佑(同)
5位 服部陸太(同)
6位 和知健太郎(同)

DSC_1007

 

小学生
1位 池田海人
2位 和知健太郎
3位 杉浦ふう華(海陽海洋クラブ)
4位 山田真理歩(YMFSジュニアヨットスクール葉山)
5位 岩永燎汰(海陽海洋クラブ)
6位 服部輝海(江の島ヨットクラブジュニア)

DSC_1019

 

Bクラス
1位 服部春花(江の島ヨットクラブジュニア)
2位 鷲尾空(江の島ヨットクラブジュニア)
3位 増本拓(藤沢市民青少年セーリングクラブ)

DSC_1029

 

写真はこちら

2016/03/14 Updated

2016 ナショナルチーム最終選考会/結果報告

2016年1月8日から11日までの4日間、静岡県浜名湖(県立三ヶ日青年の家)に於いて、2016年ナショナルチーム最終選考会が開催されました。遅くなりましたが、ご報告いたします。
 
期間中、西高東低の冬型気圧配置で軽風から強風まで風に恵まれました。
強弱の激しいブローに加え陸風の振れによりレース展開が難しい全12レースとなりました。
内定した選手権は、
 ◆世界選手権(ポルトガル6-7月)
      菅澤龍佑(一番左)
      服部陸太(一番右)
世界選手権出場メンバー
 ◆ヨーロッパ選手権(イタリア7月)
      池田海人(一番右)
ヨーロッパ選手権
海外レースでの活躍に期待します。
 
結果はこちら
2016/03/08 Updated

お餅つき大会を実施しました

EYCJ恒例のお餅つき大会を、今年は1月31日に行いました。穏やかな天気に恵まれ、多数のお客さまと楽しい時間を過ごすことができました。みなさまと、つきたてのお餅、豚汁をおいしくいただきました。
 
 
29
26
2
2016/02/10 Updated

夢の島レガッタに参加しました

2月7日に東京都・若洲海浜公園で開催された夢の島レガッタに、Aクラス3人、Bクラス1人が参加しました。

寒風の中、みな持てる力を存分に発揮し、Aクラスは池田海人君、Bクラスは工藤聡太くんが見事に1位に輝きました。

夢の島ヨットクラブ、東京都ヨット連盟はじめ大会運営にご尽力いただいた皆様に感謝申し上げます。

 

結果はこちら

Aクラス

Bクラス

集合写真

2016/02/09 Updated

江の島ミッドウィンターレガッタを開催しました

江の島ミッドウィンターレガッタは17日、Aクラス39人、Bクラス16人の選手が参加して開催しました。曇天の3~5mの風速の中、4レースを実施。寒さに負けずに全選手が懸命にフィニッシュを目指しました。多数のクラブからのご参加ありがとうございました。3月6日のアーリースプリングレガッタでまたお会いしましょう。結果は次のとおりです。

DSC_1145

DSC_1193

Aクラス

1位 服部 陸太(江の島ヨットクラブジュニア)

2位 鈴木遼太朗(静岡県セーリング連盟浜名湖ジュニアクラブ)

3位 重松 駿(夢の島ヨットクラブ)

4位 服部 輝海(江の島ヨットクラブジュニア)

5位 鈴木 海翔(横浜市民ヨットハーバージュニアヨットクラブ)

6位 桔川翔太郎(江の島ヨットクラブジュニア)

DSC_1176

Aクラス小学生の部

1位 重松 駿(夢の島ヨットクラブ)

2位 服部 輝海(江の島ヨットクラブジュニア)

3位 鈴木 海翔(横浜市民ヨットハーバージュニアヨットクラブ)

4位 藤森 佑太郎(千葉ヨットビルダーズクラブジュニア)

5位 市川 太陽(静岡県セーリング連盟浜名湖ジュニアクラブ)

6位 岡田 爽良(藤沢市青少年セーリングクラブ)

DSC_1183

Bクラス

1位 中村 晃(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)

2位 重松 陽(夢の島ヨットクラブ)

3位 園村 浩輔(YMFSジュニアヨットスクール葉山)

4位 山本 育生(藤沢市青少年セーリングクラブ)

5位 工藤 聡太(江の島ヨットクラブジュニア)

6位 服部 春花(江の島ヨットクラブジュニア)

DSC_1190

 

成績表はこちら

Aクラス Bクラス

2016/01/17 Updated

全日本420級選手権 レース報告/ユース

2015年12月25日~28日、第28回全日本420級選手権が葉山新港で開催されました。全国から60艇が集合。当クラブからは3艇が参加し、熱戦が繰り広げられました。大会初日は午前中が計測で午後は12kt程の北風が吹く中、1レースが成立。新谷・金子組が健闘し暫定1位となりました。2日目は晴天で平均10kt程度のガスティーで振れ幅の大きいコンディションで、4レースが成立しました。大会最終日は微風戦となり、3レースが行われました。
総合成績は、下記のとおり。
 JPN54406 新谷惟斗・金子裕貴 7位
 JPN54474 桐井航汰・小林拓海 17位
 JPN55928 安藤龍海・草刈励 23位
結果が不本意なのか、相当なのか、各選手の所懐は様々かと思われます。事前準備からレース展開までを通して速い艇と何が違うのかを熟慮し、さらに上を目指して頑張ろう!
大会の運営にご尽力された関係者の皆様には、心よりお礼を申し上げます。

レースの詳細は下記HPからご覧ください
【第28回全日本420級選手権HP:http://www.alljpn420.org/ 】

新谷・金子ペア

新谷・金子ペア

桐井・小林ペア

桐井・小林ペア

安藤・草刈ペア

安藤・草刈ペア

2016/01/10 Updated

クリスマスカップに参加しました。

12月19日、20日に江の島沖で実施されました、第12回 ジュニア・ユース クリスマス カップに参加しました。

420は3艇、OPAは14艇、OPBは5艇が参加しました。

1日目は、8m~11.5mの強風の中、420、OPAは3レースを消化出来ましたが、OPBは1レースもできませんでした。

2日目は、うって変わって2~4m程の微風となり、420とOPBは2レースを消化できましたが、OPAは1レースのみとなりました。

 

このような1日目と2日目とで全く違う条件の中、

 

420 2位 新谷惟斗くん/金子裕貴くん

 

OPA 優勝 菅澤龍祐くん

    3位 服部陸太くん

   

OPB 4位 工藤聡太くん

 

以上の方々が入賞しました。

 

レース結果

420 http://www.kanagawa-yyc.com/2015youthchampionship/result420.pdf

OPA http://www.kanagawa-yyc.com/2015youthchampionship/resultopa.pdf

OPB http://www.kanagawa-yyc.com/2015youthchampionship/resultopb.pdf

 

2016/01/10 Updated

EYCJの5選手が「かながわ情熱アスリート(神奈川県のケーブルテレビの番組)」に登場。

神奈川県ケーブルテレビ協議会製作の番組「かながわ情熱アスリート」に、EYCJの5選手が登場しています。 H27.11の全日本OPの時に取材して頂きました。 H28.1の1ヶ月間、神奈川県のケーブルTVで放送されます。 視聴可能な方は是非、ご覧ください。 

 

※登場する5選手

 蓮千鶴 選手

 菅澤龍佑 選手

 パーキンス花 選手

 服部陸太 選手

 池田海人 選手

かながわ情熱アスリート

情熱プロジェクト

情熱アスリート

2016/01/04 Updated

全日本OP選手権に参加しました

11月20日~23日、江の島で開催された「第47回全日本オプティミスト級セーリング選手権大会」へ、当EYCJから、小学3年生から中学3年生までの22名の選手が今年の全日本に挑みました。

DSC02582_1

 大会初日は計測と開会式、レセプションが行われました。今回は139名の日本人選手と共に韓国から5名の参加があり、144名の参加選手となりました。開会式ではキャプテン桐井航汰くんが選手宣誓を行い、懇親会では、全国各地から参加した選手達と一緒にゲームにチャレンジしたり、くじ引きを行ったりし、友好を広げる事が出来ました。

DSC02249_1

 大会2日目は朝から風がなかなか定まらず、午前中は一旦出艇するものの陸上待機となり昼食となりました。

 午後から、30度7〜8ノットの風が入るようになった所で第1レースがスタート。レース初日はこのまま軽風下で3レースが実施され軽量級の選手が上位に食い込む結果になりました。

DSC04684_1

 大会3日目は、安定した北風が吹き、予定通りレースがスタート。10〜17ノットの順風下で4レースが実施され、実力ある選手がしっかりと成績をまとめ伸ばしてきました。

 最終日は予定より30分スタート時間を早め、何とか10レースを成立させたい、運営側の意気込みが伝わってきました。風は20ノットの北風が吹く中、桐井選手が、最後の意地を見せ、トップ争いをするなど見応えの有るレースが行われました。

また、今回の全日本では、その日のレース結果によって、「デイリー プライズ (Daily Prize Giving」と呼ばれる、毎日の表彰式が行われ、参加選手は多くの商品を手にする事が出来ました。

DSC04173_1

 3日間のレースを終えた選手たちは、それぞれに達成感、満足感が表情に表れ、みな凛々しく清々しい姿で戻ってきてくれました。

 この大会で、桐井くん、草刈くん、蓮さんの3名がOP引退となり、最後に恒例の保護者による、船台の受け渡しの儀式が多くの観客の前で行われました。

 1月7〜11日に浜名湖で開催されるナショナルチーム第2次選考会に江の島から6名の選手が参加し、海外の切符を目指します。

上位入賞者は以下の通りです。

2位 服部陸太

4位 菅澤龍佑

5位 桐井航汰

8位 蓮千鶴

小学生優勝 池田海人

 DSC02693_1

成績表はこちらからご覧ください。

ダイジェストムービーは、こちらからご覧ください。

 表彰式等の様子はこちらからご覧ください。

2015/12/28 Updated

古い記事は、順に Library に保管されています。